《日本-インドネシア国際友好展 2019 in バンドゥン》

『鎮祭-モノリスという魂魄』

■日 時 : 2019年 8月26日(月)-29日(水)

■一般公開: 午前11:00〜午後17:00(最終日は、16:30まで)

■会 場 : マラナタ・アート・スペース
(キリスト教大学内併設ギャラリー)

■住所:M.P.H, Jl. Surya Sumantri No.65, Sukawarna, Kec. Sukajadi, Kota Bandung, Jawa Barat 40164 , Indonesia

■web からのお問い合わせ:
※展示:aacaasia@gmail.com(日本語対応可) 
※ワークショップgalleryasumu@hotmail.com(日本語対応可)

《日本-インドネシア国際友好展 2019 in バンドゥン》

■プログラム:
・アートレジデンス in バンドゥン
・期間:2019.8.19-8.28
・滞在先:マラナタ・アート・スペース
(マラナタキリスト教大学美術デザイン学部内
・日本招致アーティスト:渡部直(彫刻)

■ オープニング
・日時:2019年8月26日(月)午後12:00-(受付開始 午前11:30より)

■アーティスト・トーク
・日時:2019年8月26日(月)午後13:00-14:30

■ワークショップ
・日時:2019年8月27日(火)午後12:00-14:00(受付開始 午前11:30より)

■会 場 : マラナタ・アート・スペース
(キリスト教大学内併設ギャラリー)

【主催】・Committee of JIIFE2019 (日本-インドネシア国際友好展2019実行委員会)

【共催】
・Faculty Fine Art and Design of UKM
・AACA(アジア美術文化協会)
・Gallery Asumu Art Space( ギャラリー明日夢アートスペース)
・ Committee of Shinrabanshou ( 森羅万象実行委員会)

  • はてなブックマークに追加

 

【鎮祭-モノリスという魂魄】

 作品出展者 一覧(作家名 敬称略)

【Japanese Art Residence Artist 】

・Watanabe Sunao 《 渡辺 直 》 ( 彫刻 )

【Japanese-Indonesia Contemporary Artist from Asia Art and Culture Association

・Mizuta Izumi 《 水田 泉 》( 彫塑 )
・Oouchi Taku 《 大内 拓 》( CG )
・Ernest Kustiadihardjo《 エルネスト・クスティアディハルジョ 》(写真)
・Okuma Momoka (大熊 桃佳) (グラフィック)
・Fujimoto Kanon( 藤本 かのん)(グラフィック)

【Japanese Youngest Artist from Gallery Asumu Art Space)】

・Shimpei Kurda(黒田 晋平)
・Tobita Fuyuto ( 飛田 富佑人)
・Okada Kao ( 岡田 果緒)
・Miyazaki Mana ( 宮﨑 真菜 )
・Toriyama Koutaro( 鳥山 孝太郎 )
・Takasugi Shinjiro( 高杉 伸二朗 )
・Sakata Machine ( 坂田 機械 )
・Horii Sae( 堀井 彩瑛 )
・Yamazaki Hina( 山崎 日奈 )
・Fujisawa Mioto( 藤澤 美音 )

【Japanese High School From Committee of Shirabanshou】

・Fujii Yuka
・Nakajima Hinata 
・Sakurai Misuzu
・Uchiyama Miyou 
・Ookuma Ann 
・Ikeda Mira
・Yamada Mei
・Nakamura Marin
・Iwasaki Divonne
・Toyoshima Yuika 
・Sato Rio
・Ooi koutarou

【 主催 】
日本インドネシア国際友好展2019 in バンドゥン実行委員会

【共催】
マラナタキリスト教大学 美術デザイン学部 ファインアートコース
アジア美術文化協会
ギャラリー明日夢アートスペース
森羅万象実行委員会

【 ポスター・カタログ・デザイン 】
Office Design Spur

【 発行元 】
アジア美術文化協会 美術文化交流プロジェクト
 
【事務局】
〒156-0052 東京都世田谷区経堂1-38-20

【URL】
chinsai_2019
《鎮祭】- 日本インドネシア国際友好展2019

【Copyright】
Committee of Japan-Indonesia International Friendship Exhibition 2019 ⒸCHINSAI_- The monolith of arboreal spirits , All Right Reserved.


  • はてなブックマークに追加


【展覧会コンセプト】

【日本-インドネシア国際友好展ー鎮祭-モノリスという魂魄-】

  本展覧会は《 鎮祭-モノリスという魂魄 》と題し、作家自身が表現する《 日本 》《 東京 》《 セルフポートレイト 》をテーマに、インドネシアで開催される展覧会にむけて制作された作品です。本年度は、共立女子大学にて専任講師を務める、渡部 直 氏をバンドゥンの会場へお迎えし、彫刻小作品、作品パネル数点、並びにアート・レジデンスにて制作した作品が展示されます。また、会場となるマラナタキリスト教大学内に併設された、マラナタ・アート・スペースには、日本でデザイナーとして活躍する大内 拓 氏、日本の美術大学に通う 黒田 晋平、飛田 富佑人、岡田 果緒、宮﨑 真菜の5名も本プログラムに参加します。本展は、日本とインドネシアにおいて、デザイン、美術教育の現場で活躍する若き作家6名、 日本の大学・美術系大学する学生10名、ならびに公募で選出された都立高校生12名、総勢29名の多彩な作品およそ50点の展示を予定しています。

2019年度のメイン・ビジュアルとなる《 monolith 》と題した作品は、日本の彫刻作家である渡部 直 氏によるものです。nomolith -モノリスとは、ギリシャ語の〈 1つ、単一 〉を意味する〈 monos 〉とラテン語の〈 石や岩 〉を示す〈 lithos 〉の複合語に由来し、美術では、彫刻に用いる石や岩、そして、一本の柱など意味します。彫刻のモチーフである、オラウータンは、インドネシアでも馴染みのある動物です。インドネシア語で〈 オラン 〉は、〈 人〉、〈 ウータン 〉は、〈 森 〉を表し、オラウータンは、〈 森の人 〉という意味になります。この森に住む私たちの祖先は、作家に多くの物語を想像させます。

  渡部氏とって制作は、”相反する事象を共存させること、例えば「 瞬間 」と「 永続 」、「 安定 」と「 不安 」、「 ここ」と「どこか」といった事柄を、木という媒介を通じ、矛盾の「Amalgam (アマルガム)」としての現出する行為である"(引用)といいます。渡部氏が創り出す、造形物としてのモノリスには、木と対話し、作品に魂を吹き込む作家の姿がみてとれます。

 この展覧会の意義は、日本とインドネシアにおける現代アートの兆候、現代アーティストらが創り出す作品テーマ、同時に両国の美術教育方向性を垣間見る機会でもあります。インドネシアで催される展示のなかでも、日本からのアーティストらと対話が可能なとても貴重な展覧会であり、日本の現代アートについて再考する機会でもあります。
 
 「鎮魂」という言葉は、日本でもよく耳にする言葉であり、もともとの意味は「魂振り」という日本の祭りと深い関係をもつ言葉です。「魂振り」は、魂をふるいたたせる神儀であり、同時に、目には見えない、この世に普遍的に漂い存在する魂=魄を鎮める神事でもありました。また、「魂振り」は、芸能のはじまりとされる「神楽(かぐら)」とも関係深く、神への奉納として奏でられる、歌舞は、日本の伝統美術に深い関わりをもちます。現代アートの制作は、「魂振り」と似通い、我々、日本人のアイデンティティや古来より育んできた死生観や自然観や宇宙観にも関わります。

  「CHINSAI(鎮祭)」は、この度の展覧会のタイトルとして掲げられたものです。しかし、「鎮祭」というタイトルには、「魂」という文字はありません。何故なら、モノリスという、現代アートの作品に、「魂=魄」が込められているからです。これらは、現代アートが有する、作品からみなぎる、目には見えない力であり、同時にアジアのアーティストたちが創り出す作品にも、共通する「魂=魄」をみることが出来きます。

【 日本インドネシア友好展《 鎮祭 》代表 キュレータ― 水田 泉 】

ニュース

2019年07月15日
本年度のポスターが決まりました。